中国地方の梅で有名なところ・名所

中国地方の梅で有名なところ・名所

中国地方の梅の有名なところはどこでしょうか?いくつか紹介したいと思います。

 

岡山県
・梅の里公園・・・見頃は3月中旬です。
14品種、約2000本以上の梅が植えられています。
3月頃には梅祭りが行われる他、様々なイベントが催されるでしょう。
広い園内には、鹿児島紅梅・八重寒梅・寒紅しだれ梅・甲州小梅・鶯宿・南高などの梅が咲き誇ります。
展望台からは美しい梅が一望でき、絶景が愉しめるはずです。

 

・神崎梅園・・・見頃は2月下旬〜3月上旬です。
本数は約500本あります。
開花時期には売店も開かれますし、梅まつりも行われて、多くの花見客で賑わっています。
結実期には、「梅ちぎり」が開催され、青梅の販売も行われるのです。

 

広島県
・ちゅーピーパーク・・・廿日市市大野町の高台にあるレジャー施設です。
見頃は2月中旬〜下旬で、約1000本の梅が堪能できるでしょう。

 

・満汐梅林・・・見頃は2月下旬〜3月中旬です。
約1000本の梅が植えられている菰口山北側の観光農園で、約2万平方メートルの敷地面積を誇ります。
花見まつりが行われ、大勢の花見客で賑わいますし、梅の開花期間中は様々なイベントも催されます。

 

山口県
・防府天満宮・・・日本で最初に作られた天神様です。
菅原道真公をお祀りしています。
その境内には梅が咲き誇っており、見頃は2月中旬〜下旬でしょう。
約16種類、約1100本の梅があります。
2月中旬頃から3月初旬頃まで梅まつりが行われています。
その間は色々な行事が催され、拝観料は無料です。

 

・冠山総合公園梅の里・・・見頃は2月上旬〜3月中旬で、約100種類、約2000本の梅があります。
2月上旬〜3月中旬頃には梅まつりが開催されますし、梅まつり期間中にはたくさんのイベントが催されるでしょう。