関西の梅で有名なところ・名所

関西の梅で有名なところ・名所

2月頃になると、梅が見頃ですよね。
関西の梅の名所をいくつか紹介しましょう。

 

京都
・北野天満宮・・・菅原道真公をお祀りしています。
道真公は殊の外梅を愛していました。
そのため、北野天満宮も梅の名所として有名です。
毎年2月〜3月頃に梅苑公開が行われます。
境内には50種類、1500本の梅があります。
早咲から晩咲の梅まであり、一ヶ月くらいは梅を愉しむことができるでしょう。
道真公の命日にあたる2月25日には梅花祭が行われます。

 

大阪
・大阪城公園・・・約100種、1270本ほどの梅の木が植えられています。
早咲から遅咲までの種類が揃っていて、開花時期は2月中旬から3月上旬でしょう。
入園は自由で、入園料も無料の上、ペットの入園も可能です。

 

奈良
・賀名生梅林・・・南朝のゆかりの里です。
北木曽の丘陵の麓から中腹まで2万本の梅が咲き誇ります。
2月下旬から3月中旬頃が見頃です。
一周するには、2時間から3時間は軽くかかるでしょう。
奈良では月ケ瀬梅渓、広橋梅林と並ぶ梅の名所です。

 

滋賀
・彦根城梅林・・・庭園でも有名な彦根城ですが、紅白梅合わせて600本の数の梅があり、梅の名所としても知られています。
3月中旬から下旬頃には梅まつりが開催されています。
天守閣の前にも梅があり、満開になると天守閣が映えて美しい光景が見られるでしょう。

 

和歌山
・紀州田辺梅林・・・有名な梅の里です。
標高400mの大蛇峰からは水平線を遠景に一面の梅畑を堪能することができます。
梅の本数は約30万本です。
見頃は2月上旬から3月上旬で、梅園も2月上旬から3月上旬頃まで開園しています。
期間中は日曜日に石神市が催されているようです。