北海道の梅で有名なところ・名所

北海道の梅で有名なところ・名所

北海道の梅の開花時期は5月〜6月で、関東よりもずっと開花が遅いです。
関東の梅の季節に間に合わなかったという方は、北海道の梅を堪能してみてはいかがでしょうか?それでは、北海道の梅の有名スポットをいくつかご紹介してみたいと思います。

 

・三笠梅林邦梅園・・・炭鉱住宅跡地に作られた梅園で、紅梅、豊後梅など、梅の本数は約10000本あります。
見頃は5月中旬で、その頃に、「みかさ梅まつり」が開催される他、様々なイベントが行われています。

 

・森と木の里センター・壮瞥公園・・・洞爺湖周辺に位置する公園で、湖畔側の斜面には約2万平方メートルに渡って梅林が広がります。
見頃は5月中旬〜下旬で、豊後梅が栽培されています。
梅の本数としては約300本とそれほど多くはありませんが、洞爺湖の青い色と梅の花の淡いピンクのコントラストは一見の価値があるでしょう。
周辺にも、昭和新山や洞爺湖温泉など、たくさんの観光スポットがあるため、梅の時期に限らず、多くの観光客が訪れます。

 

・狩勝高原梅園・・・狩勝峠の裾野に広がる高原にあります。
見頃は5月下旬〜6月上旬で、豊後梅が植えられており、その数は約1800本ほどです。
桜の名所としても知られています。
5月下旬頃には梅園祭りが行われます。

 

・平岡高原梅園・・・見頃は5月上旬〜下旬です。
紅梅、白梅が約1200本ほど栽培されています。
18時〜21時にはライトアップも行われます。
赤と白の色が入り交じって幻想的な美しさを醸し出しています。
近年ではライトの数も増えて、幻想的なムードにさらに拍車がかかっていてロマンティックですよ。
梅の見頃の時期には売店もあります。