関東の梅で有名なところ・名所

関東の梅で有名なところ・名所

関東の梅で有名なところをいくつか紹介したいと思います。

 

茨城
・偕楽園・・・いわずと知れた日本三大名園の一つ(兼六園、後楽園、偕楽園)です。
約100品種、3000本の梅の木があります。
2月下旬から3月頃になると、「水戸の梅祭り」が開催されます。
創設者は水戸徳川家第9代藩主の徳川斉昭です。
「白難波」「烈公梅」「江南所無」「月影」「虎の尾」「柳川枝垂」は、梅の中でも華麗さを誇り、水戸の六名木と言われています。
梅が特に有名ですが、一年を通じて四季折々の風情が愉しめるでしょう。

 

東京都
・湯島天神・・・毎年2月上旬〜3月上旬頃に梅祭りが開催されます。
梅祭りでは、奉納演芸を見ることが出来るでしょう。
特に、野点や白梅太鼓は必見です。
梅園の本数は300本で八割は白梅です。

 

・新宿御苑・・・毎年2月頃が梅の見頃です。
総数は約350本ほどです。
新宿にある都会のオアシスで、気軽に行くことが出来るでしょう。
皇室の庭園として造られましたが、今は環境庁の管轄となっています。

 

神奈川
・三溪園・・・見頃は2月中旬から3月上旬で、観梅会が開催されます。
古くから梅の名所として知られています。
梅の本数は約600本で、「臥竜梅」「緑萼梅」が珍しいです。
明治39年に実業家の原三溪によって公開された庭園です。

 

静岡県
・熱海梅園・・・1月上旬〜3月上旬頃に梅祭りが開催される他、期間中には様々なイベントがあります。
開園は明治19年で、日本一早咲きの梅として有名です。
早咲き、中咲き、遅咲きと順番に開花していく様を見ることが出来るでしょう。
品種は60品種で、本数は457本です。