北海道の桜で有名なところ・名所

北海道の桜で有名なところ

北海道のお花見人気スポットといえば、道南松前町にある松前公園の桜が特に有名です。
ここの250種類、1万本以上にものぼる桜は全国的にも有数の桜の名所として知られており、日本さくらの会からは「さくらの里」と言う称号も贈られている程です。
桜の見頃を迎える4月の下旬から5月に中旬にかけては、公園内の道路沿いにぼんぼりが1,000個ほど点灯され、松前城のライトアップと共に夜桜を楽しむ見物客達を盛り上げてくれます。
また、道央小樽市の手宮公園の桜も道民の間では桜の名所として有名でしょう。
この公園は高台にあり、小さな丘のようになっているので、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラを中心とした約700本もの桜が一斉に咲き誇る時期には、外からも素晴らしい桜を眺めることが出来ます。
小樽随一の桜のスポットであり、夜にはライトアップもされることから毎年多くの花見客で賑わいを見せているのです。
小樽市には、小樽公園という桜の名所もあります。
ここの公園には樹木が豊富にあり、桜の見頃となる5月中旬には約1,000本の桜と約7,000本の小樽市の花でもあるツツジを見ることが出来ます。
他にも、クリやナラ、シラカバなどの50種類、合わせて4,300本もの木々が植えられており、小樽市民の憩いの場としても親しまれている公です。
その他にも、北海道で桜が有名なスポットには、道央札幌市の円山公園、道東帯広市の緑ケ丘公園、道南新ひだか町の二十間道路桜並木などがあります。

北海道の桜のお花見で有名なところ・名所ってどこ?

北海道の桜のお花見で有名なところといえば、まずは五稜郭公園でしょう。
国の特別史跡五稜郭にある函館市の五稜郭公園は、園内にソメイヨシノを中心とした1600本を超える桜の木が植えられている北海道でも有数のお花見スポットです。
近くにある五稜郭タワーからは、五稜郭の星形に縁取られたピンク色で満開の桜を展望する事が出来ます。
ビューポイントは、五稜郭の外堀から堀の水面に映る桜で、土手に上がると遠くまで桜が咲いている風景が広がります。
桜の開花に合わせてお堀の桜の木がライトアップされる為に、毎年桜の季節にはお花見をする市民や観光客で大変な賑わいを見せています。

 

北海道を代表する桜の名所の一つとして知られているのが、札幌市にある「円山公園」です。
こちらは円山原始林の北側に位置する公園で、隣接している北海道神宮のエゾヤマザクラやソメイヨシノを始めとした約1500本の桜と共に、古くから市民に親しまれているお花見スポットです。
毎年、桜の開花時期には、待ち遠しかった春の訪れを楽しむ為に、大勢の花見客が訪れています。

 

道東の根室市にある「清隆寺」では、日本最大の樹齢約150年になるチシマザクラを楽しむ事が出来ます。
このチシマザクラは、北海道100年記念名木でもあり、香りが強いのが特徴です。
花は開花時と終わりが淡紅色で、満開時には白色となり、人々の目を楽しませてくれます。
境内にはエゾヤマザクラなど約40本の桜の木があり、5月下旬となる開花時期には大勢の観光客が訪れます。