東京の桜のお花見で有名なところってどこ?

東京の桜のお花見で有名なところ・名所ってどこ?

東京ドーム約35個分の広大な敷地でお花見を楽しめる場所が、東京立川にある「昭和記念公園」で、桜の見頃は3月下旬から4月上旬までとなり、都心と比べると1週間程度遅くなるようです。
園内にはソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラなど31品種、約1500本の桜の花が咲き誇り、お天気の良い日のお花見に最適なスポットとなっています。
桜の花を見ながらゆっくり散歩するには、園内の花木園や日本庭園が静かでオススメです。
また、桜の季節と合わせるように、菜の花やポピー、ムラサキハナハやチューリップも咲いており、桜のピンク色とのコラボレーションも楽しめます。

 

都内でも有数のお花見スポットとして有名なのが、東京台東区にある「上野恩賜公園」でしょう。
3月下旬から4月上旬に掛けての桜の季節には、670本ものソメイヨシノを始めとして、カンヒザクラ、ヤマザクラなど40種類、約1000本の桜が咲き誇り、例年200万人近い観光客や花見客が訪れています。
見どころは300mにも及ぶ桜並木で、昼間から宴会を楽しむ人も多く、それを眺めるだけでも楽しくなります。
上野の山が桜の名所となったのは寛永年間からと言われていて、お花見の名所の歴史としても長いようです。
上野公園内には桜の開花を告げる基準木が1本あり、この桜の木を元にして開花宣言がされていますが、お花見をしながらこの基準木を見つけてみるのも楽しそうですね。