大阪の桜のお花見で有名なところ・名所ってどこ?

大阪の桜のお花見で有名なところ・名所ってどこ?

太陽の塔がある公園として有名な、大阪吹田市にある「万博記念公園」は、1970年に開催された日本万博博覧会会場の跡地を整備した公園です。
桜の季節には約2400本のソメイヨシノが中心となり、ヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラなど9種類、計5500本もの桜の名所となっています。
桜の見どころは園内各所に散らばっており、広大な敷地内には大型の遊具や博物館、日本庭園なども揃っているので、家族連れでもゆっくりと楽しむ事が出来ます。
例年、毎年3月下旬から4月上旬に掛けて万博公園桜まつりが開催されていて、様々なイベントが行われています。

 

豊臣秀吉が築城した大阪城を取り囲んでいる「大阪城公園」は、数々の重要文化財が残っている公園でもありますが、園内には約4300本の桜が植えられている桜の名所でもあります。
また、大阪城西の丸庭園では、大阪城をバックにしたソメイヨシノを中心に、約600本の美しい桜を楽しむ事が出来ます。
大阪城港〜中之島を約60分かけてゆったりと循環遊覧してくれる水上バスに乗ると、メインコースである大川周辺で両岸に満開の桜並木を見る事が出来、壮麗な景色となります。

 

春の満開の季節になると、幹すらも見えなくなる程に覆われる薄紅色のシダレザクラを楽しむ事が出来るのは、遅咲きの桜で有名な大阪箕面市にある「勝尾寺」です。
8万坪と言う広大な敷地を、緑をバックにしてヤマザクラやカンヒザクラなど約3000本もの桜が深い薄紅色に染め上げてくれます。